Atsushi FUJITA

News

Profile

氏名・連絡先
藤田 篤 (ふじた あつし)
Email: lastname (see above) at paraphrasing.org
電話番号, Skype ID 等は Email にてお問い合わせください.
所属・身分・住所
情報通信研究機構 先進的音声翻訳研究開発推進センター 先進的翻訳技術研究室 主任研究員
〒619-0289 京都府相楽郡精華町光台3丁目5番地 [アクセス情報]

Research Interests

研究分野:
計算言語学,自然言語処理
研究トピック:
自然言語表現の言い換え翻訳 (機械翻訳,人間の翻訳),文書要約,その他の広義のテキスト生成,知識獲得,語彙意味論,形態論,造語
関心のあること:
機械学習,データマイニング,ソーシャルネットワーク分析,言語運用支援,その他

言語は,計算機が発明される以前から情報の伝達・蓄積やコミュニケーションにおける最も中心的な役割を担ってきました. 近年では,Webと計算機を介した情報発信・受信やコミュニケーションが一般的になり,その中でも,電子メール,ブログ,SNSなど,電子化されたテキストを通じたコミュニケーションの機会が一層増えています. 我々は,自然言語に備わっている様々な特徴や人間の言語の運用メカニズムの解明を目指し,自然言語を計算機で扱うための各種要素技術と,それに基づいてコミュニケーションを円滑化する技術について研究しています.

自然言語表現の言い換え

同じ意味内容を表す,同一言語の異なる言語表現は言い換え(換言,パラフレーズ)と呼ばれます. 電子化テキストの流通量が増す中,そこから様々な情報・知識を獲得するというニーズが高まっており,言い換えの関係にある表現を「認識する」技術の重要性が広く認識されています. 一方,人間が相手や状況に応じて言いたいことを色々と言い換えて伝えるように,コミュニケーションを円滑化する上で言い換えを「生成する」技術は重要な役割を担います. 我々は,同義語の置換,文の構造の変換,文の分割など様々な種類の言い換えを計算機上で頑健かつ正確に処理するための機構,および必要な言語知識,研究資料としての用例集などの効率的な構築手法について研究しています. また,自然言語処理の諸分野(文書作成・推敲支援,読解支援,質問応答,情報検索,テキストマイニング,文章生成,要約,機械翻訳など)への応用方法について検討しています.

機械翻訳・翻訳者支援

グローバル化や多言語・多文化社会の拡大の中,緊急時における重要情報の迅速・正確な多言語化や世界全体に向けた情報発信など,言語を超えたコミュニケーションの重要性が高まっています. しかしながら現時点では,翻訳者による文章の多言語化の生産性はボランティアによるものを含めたとしても非常に限られています. 一方,計算機による翻訳(機械翻訳)は,人間よりも高速ではあるものの,人間の翻訳に比べると品質が落ちますし,リアルタイムなコミュニケーションのためにはさらなる高速化も必要です. 我々は,機械翻訳技術の高度化,ならびに翻訳者・翻訳学習者を支援するための技術に関する研究に取り組んでいます.

その他

Publications

Research Activities