機械翻訳・翻訳者支援

グローバル化や多言語・多文化社会の拡大の中,緊急時における重要情報の迅速・正確な多言語化や世界全体に向けた情報発信など,言語を超えたコミュニケーションの重要性が高まっています. しかしながら現時点では,翻訳者による文章の多言語化の生産性はボランティアによるものを含めたとしても非常に限られています. 一方,計算機による翻訳(機械翻訳)は,人間よりも高速ではあるものの,人間の翻訳に比べると品質が落ちますし,リアルタイムなコミュニケーションのためにはさらなる高速化も必要です. 我々は,機械翻訳技術の高度化,ならびに翻訳者・翻訳学習者を支援するための技術に関する研究に取り組んでいます.

  • 機械翻訳を含む技術の性能向上
    • 言い換えによる統計的機械翻訳システムの拡張 [Fujita & Carpuat, 2013]
    • 分野に特有の文構造を考慮した機械翻訳ラッパー [富士+, 2016]
    • 単言語コーパスからの対訳文対の自動獲得 [Marie & Fujita, 2017a]
    • 単言語コーパスからの対訳フレーズ対の自動獲得 [Marie & Fujita, 2017b]
    • 統計的機械翻訳とニューラル機械翻訳の統合的利用
    • 機械翻訳前編集・機械翻訳後編集
    • 機械翻訳の品質推定 [Liu+, 2017]
    • 品質推定・機械翻訳後編集の研究のためのデータセットの構築 [Fujita & Sumita, 2017]
  • 翻訳者・翻訳学習者支援
  • 翻訳に関わるコミュニティ間の橋渡し
    • 言語処理学会テーマセッション
      • 『文理・産学を越えた翻訳関連研究』 [E5] [E6] [E7] [山田+, 2016b]
      • 『翻訳の質と効率: 実社会におけるニーズと工学的実現可能性』 [D6] [D7]
      • 『翻訳における人間と機械の協働: for what, how, where, when and why?』
    • 日本通訳翻訳学会での講演